HOME >  製品紹介 >  DYNA4
製品紹介
DYNA4

DYNA4とは?

DYNA4は車両設計・制御開発のための
オープン・モジュラー型の統合開発環境です。

DYNA4構成図

DYNA4 特徴

  • DYNA4では、ユーザが作成したSimulink®モデルやデータ、シミュレーション結果をシームレスに取り込むことができ、それらを簡単に管理することができます。
  • 車両コンポーネントを組み合わせて仮想車両モデルを作成し、それらをPC上やハードウェアインザループシミュレーション(HILS)で実行することができます。
  • モデルリポジトリにアクセスすることによって、車両モデルライブラリを拡張したり、ユーザーの要求に合わせて変更することができます。
  • DYNA4はオープンモジュラーなコンセプトで設計されているため、幅広い様々なアプリケーションで利用できます。
  • フレームワークには、モデル管理者と利用者を分けられるようにディベロッパーモードとオペレーターモードを用意しています。
  • MBSツール(シミュレーション解析ソフト)やバージョン管理ツール、アニメーション機能との連携が取れます。

DYNA4 適用分野

  • 車両挙動の解析
  • ドライブトレイントポロジーの検討
  • エンジン設計・制御
  • HEV/EV・先進パワートレインシステム開発
  • エネルギーマネージメント
  • 商業車両(トラック、バス)の制御設計
  • 先進的運転支援システム(ADAS)

DYNA4フレームワーク

DYNA4フレームワークとは、モデル選択、モデルパラメータ設定、シミュレーションシナリオ設定、シミュレーション実行、結果解析を同一のGUI上で操作できる機能です。

DYNA4フレームワーク解説
  • DYNA4フレームワークでは、一連のワークプロセスで使用するデータをプロジェクト単位で管理することができます。さらに、ユーザの要求に合わせてワークプロセスをカスタマイズすることもできます。
    ※車両モデル、モデルパラメータ、テスト条件、シナリオ設定、シミュレーション結果など
  • DYNA4フレームワークの管理機能によって、シミュレーションのトレーサビリティや再現性が保障されます。
  • DYNA4フレームワークからDYNA4モデルレポジトリにアクセスすることができます。

DYNA4モデルレポジトリ

モデルレポジトリとは、モデルやモデルパラメータ、テストシナリオ、シミュレーション結果を分類・保管して管理できる機能です。

  • DYNA4モデルレポジトリでは、ユーザの開発したSimulink®モデルをシームレスに取り込むことができ利用することができます。
  • 同時にRT環境でも動作実績のあるTESIS DYNAwareのDYNA4エレメント (コンポーネントモデル) も利用することができます。
  • DYNA4エレメントには、ビークルダイナミクスや油圧系、電装系、駆動系、エンジン、交通環境、商業車両をシミュレーションできるモデルが含まれます。
  • コンポーネントモデル間の接続性を高めるために、拡張的なオリジナルバスブロックを用意しています。
DYNA4モデルレポジトリ

MATLAB/Simulinkは、The Mathworks, Inc.の登録商標です。
LabVIEWは、National Instruments Corporationの商標です。
その他のブランド名や製品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。